第3の万能細胞

理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)が作製成功を発表した新万能細胞「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を超える可能性を秘めた研究成果を発表しました。STAP(スタップ)は「刺激によって引き起こされた多能性の獲得」という意味の英語の頭文字から取ったそうです。希望が広がる表現で個人的に気に入っています。これから医療にどう活躍して行くか期待しています。(2014/1/30 St)

さつき法律事務所は、一般民事から外国法適用事件まで、広範囲の案件を取り扱っています。日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語、タガログ語の多言語対応事務所です。国際離婚・相続、入管問題、起業等を初め、外国人を当事者とする法律問題や、日本人依頼者の事件も多数扱っています。初回の法律相談は、(30分まで)無料です。メールでの法律相談も受付けています。
さつき法律事務所へご相談は、まずお電話にてご予約下さい。03-5261-8291(受付時間 平日9:30~17:00)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です