クレーン事故母も責任

 自動車運転過失致死事故について、すごい判決が出ました。持病を隠し、クレーン車を運転した件につき、宇都宮地裁は、運転手の母親にも連帯して賠償金を支払うよう命じた判決です。今回の判決は、持病のある息子の運転を制止させるための通報義務を怠ったこと等を問題としています。かなり特殊な案件なので、直ちに一般化はできませんが、今後、同乗者や家族等関係者に対する責任追及の気運が高まるのかも知れません。[相談,tel 03-5261-8291](2013/4/25、I)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です