外国人の入国審査緩和-自動化ゲート導入

 トラステッド・トラベラー制度の導入が検討されるそうです。ビジネスマンや観光客の入国手続きを自動化する制度だそうです。
 自動化ゲートは、今のところ、成田、羽田、中部、関西の4つ空港が設置しており、日本人でも外国人でも空港で登録したその日から自動化ゲートを利用し、出入国が可能です。自動化ゲートの必要な資料と書式は、以下のアドレスで取得できます。(http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00111.html)
 今までは、外国人登録済み(有効な旅券の所持等)の人を対象にしていましたが、今回の制度の導入後は、初来日の方も利用できるようになりるようです。出入国の手続きの簡素化・迅速化・便利性により、外国人の来日が増えるでしょう。日本の経済にも利益をもたらすことが望まれますね。(2013/5/9、I)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です