切符・IC乗車券運賃格差

消費税率8%の導入(2014年4月~)を見据えた運賃改正を機に、JR東日本など鉄道各社はSuica(スイカ)などのIC乗車券で、運賃を「1円刻み」とする新料金体系の検討を始めたそうです。切符については「10円単位」の現在のままに据え置く。JR西日本はその料金体系には消極的で、JR東海では検討せず。全国共通のJRでさえ意見が割れているそうです。すでに「二重運賃」の問題となっている区間も存在する状況下の中、利用者が納得いく料金体系になるのだろうか。個人的には、現在の10円単位料金体系で、四捨五入してで良いと思います。事務所内鉄道好きの事務員Sにとって気になるニュースでした。(2013.5.16St)

柔道部死亡 元顧問に過失

最近、スポーツと暴力が問題となっていますが、大津地裁は、14日、柔道の部活動中に倒れて死亡した中学1年生の母親が、町と柔道の顧問に損害賠償を求めた事件で、顧問の過失を認定し、町に約3700万円の支払いを命じました。本件では、指導上の過失は認めましたが、顧問の日常的な暴力までは認めていません。新聞報道をみる限り、手打ちや蹴りを認めていますが、これらは暴力ではないのか、不思議です。近年、学校やスポーツでの暴力や体罰の問題が相次いで報道され、社会的にも問題視されていますが、未だに悲しい事件は減らないようですね。残念です。(2013/5/15、I)

「風疹」予防接種費用補助4都道府県のみ

風疹の感染拡大が続く中、予防接種の費用助成に補助を出しているのは、東京、千葉、神奈川、大阪の4都道府県のみであるとの記事がありました。(2013.5.14付読売新聞)費用補助がない所では、1万円前後の費用がかかるそうです。なんとか、日本全国に、費用補助が広がって欲しいものです。
なお、風疹とはどんな病気なのかについてや、成人の予防接種についての注意点などについては、以下の国立感染症研究所のサイトから情報を得ることができます。
http://www.nih.go.jp/niid/ja/rubellaqa.html      (2013.5.14ma)

子の引渡し

ハーグ条約加盟に先立ち、今国会において実施法案の成立が見込まれています。それにより、国際離婚事案については、子どもを親から引き離す際に事細かなルールが適用されます。一方、国内にいる夫婦間の離婚についてはそのようなルールがなく、この度、最高裁は、国内の離婚事案について、原則として自宅で引渡しを行うとのルールを定めました。

当事務所([相談,tel03-5261-8291])では、子どもの親権・監護権等の事案を数多く取り扱っています。ハーグ条約等については、今後も関心を持って見守りたいと思います。
(13/5/13/It)

大貫弁護士とマラソン

大貫弁護士は今年54歳ですが、現在の趣味はマラソン!なんと!事務所から自宅まで走って帰っております。次の挑戦は6回目のフルマラソン!洞爺湖マラソン(http://www.toyako-marathon.jp/)フルマラソンの距離は42.195キロですが、なぜ端数なのでしょうか?イギリスの王女の要望で、スタート地点を宮殿の庭に、ゴール地点を競技場のロイヤルボックス前に設定されたため、26マイル385ヤードに伸ばされた?など複数説があるそうです。頑張って頂きたい反面、スタッフ達からは心配の声が出ております。健康には良いと思いますが、体に気をつけて頂きたいものです。
(20130510 St)

外国人の入国審査緩和-自動化ゲート導入

 トラステッド・トラベラー制度の導入が検討されるそうです。ビジネスマンや観光客の入国手続きを自動化する制度だそうです。
 自動化ゲートは、今のところ、成田、羽田、中部、関西の4つ空港が設置しており、日本人でも外国人でも空港で登録したその日から自動化ゲートを利用し、出入国が可能です。自動化ゲートの必要な資料と書式は、以下のアドレスで取得できます。(http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00111.html)
 今までは、外国人登録済み(有効な旅券の所持等)の人を対象にしていましたが、今回の制度の導入後は、初来日の方も利用できるようになりるようです。出入国の手続きの簡素化・迅速化・便利性により、外国人の来日が増えるでしょう。日本の経済にも利益をもたらすことが望まれますね。(2013/5/9、I)。

ストーカーを治療で予防

 ストーカーによる悪質事件をよく見聞きする今日この頃、娘を持つ母親としてはどうしても気になります。現在はストーカー規制法により、警告・摘発といった予防策がとられていますが、警視庁は、今夏にも、加害者へのカウンセリング治療を試行し、事件の予防を図るとのことです。加害者にカウンセリング受診を説得できるのか、警察官の手腕が問われるところですね。 (13/5/7/It)

「成年後見」選挙権付与へ

 成年後見人が付いた人は選挙権を失うと定めた公職選挙法11条の規定を削除し、成年後見人が付いた人にも選挙権を認める方針を決めたそうです。まだ、自民党が決めただけで、違憲・無効裁判などが継続し、選挙権の問題はまだまだ続く模様です。公平、平等な選挙権は、民主主義の大前提です。(20130426.St)

クレーン事故母も責任

 自動車運転過失致死事故について、すごい判決が出ました。持病を隠し、クレーン車を運転した件につき、宇都宮地裁は、運転手の母親にも連帯して賠償金を支払うよう命じた判決です。今回の判決は、持病のある息子の運転を制止させるための通報義務を怠ったこと等を問題としています。かなり特殊な案件なので、直ちに一般化はできませんが、今後、同乗者や家族等関係者に対する責任追及の気運が高まるのかも知れません。[相談,tel 03-5261-8291](2013/4/25、I)。

マンチェスター・ユナイテッド20度目優勝

 サッカーのイングランド・プレミアリーグで、香川真司選手が所属するマンチェスター・ユナイテッド(マンU)が、2013年4月22日、優勝を決めたそうです。とてもうれしいニュースです。世界トップレベルのチームで活躍する日本人選手が増えていて、本当に素晴らしいですね。今後も、香川選手や、その他、海外で頑張っているサッカー選手の活躍が楽しみです。(2013.4.24 ma)