配偶者が使い込んだ預貯金の持ち戻し

神楽坂の弁護士事務所です。
離婚相談において、配偶者が預貯金を使い込んでいた、というお話をよく聞きます。使われた側とすれば、婚姻財産が目減りしてしまうので、使い込んだ分を預貯金に持ち戻して財産分与を決めたいと思うものです。
ところが、家庭裁判所は、原則として、一方当事者が使い込んだ財産の持ち戻しを認めません。
このような場合、離婚協議であれば、持ち戻し計算の上で、財産分与を決めることも可能かも知れません。協議の段階から弁護士に依頼した方が、スムーズに進むことも少なくありません。
例えば、離婚給付について、公正証書を作成すれば、万一の場合、給与の差押等の強制執行ができます。(It)