有責配偶者からの離婚請求

神楽坂の弁護士事務所です。
妻/夫に不倫がばれると、自分の非を棚に上げて、反対に攻撃に出る方が多くいます。冷たい態度やセックスレスと言って責め、不倫を正当化します。そして、離婚を強固に求めてくるということがあります。
判例上、不倫をした配偶者からの離婚請求は、原則として、認められていません。
しかし、浮気の証拠が薄い場合は、不倫が認められない可能性があります。
このような場合の証拠収集は、まず、法律事務所にご相談下さい。探偵を使わずに証拠を得られる場合も少なくありません。