『神楽坂の坂③ 軽子坂』

今回は少しメインストリートをお伝えしたいと思います。当事務所の大きい通りを一本奥にいくと軽子坂にでます。オフィスビルが多い中お店もありますが、今回はこの坂についてですが、画像の看板をみるとこの【坂名は新編江戸志や新撰東京名所図会などにもみられる。軽子とは軽籠持の略称である。今の飯田濠にかつて船着場があり、船荷を軽籠に入れ江戸市中に運搬することを職業とした人がこの辺りに多く住んでいたことからもその名がつけられた】そうです。船着の場が近い事できっと商売で賑わっていたのではないでしょうか。(Sa)
karuko-02karuko-01